自社倉庫もしくは貸倉庫の利用|貸倉庫の利用メリットについて知る

倉庫

資材の保管について

笑顔の男の人

数多く存在する企業の中には、しばらく使用しないであろう資材の保管場所について悩んでいる企業が少なからず存在するでしょう。しばらく使用しない資材といっても、もう二度と使用しない訳ではありません。そのため、捨てる訳にもいかないでしょう。しかし、企業内にその資材を保管するスペースが無い場合には、邪魔となってしまいます。そういった問題は、トランクルームを利用することで解決するでしょう。トランクルームというのは、国土交通大臣の登録を受けた倉庫業者が運営する貸倉庫です。また、資材の種類によっては、レンタル収納スペースや屋外コンテナを利用した保管を行うことも可能です。レンタル収納スペースは、不動産賃貸業者が運営している保管サービスです。マンション等の一部を利用した保管サービスで、使用していない事務機器などの保管には最適でしょう。屋外コンテナについても、不動産賃貸業者が運営しています。屋外コンテナに関しては、レンタル収納スペースの屋外版と考えてよいでしょう。
倉庫業者が運営するトランクルームと不動産賃貸業者が運営するレンタル収納スペースや屋外コンテナの違いというのは、保管物の出し入れやセキュリティ体制にあります。トランクルームの場合、保管物の出し入れは倉庫業者によって行われます。警備体制が整っているため、企業の資材であっても安心して預けることが可能です。それに対し、不動産賃貸業者の提供するレンタル収納スペースや屋外コンテナは、業者でなくとも自由に保管物を出し入れすることが可能です。それはそれで楽ではありますが、セキュリティ面はやや不安なものとなるでしょう。屋外コンテナについては、警備体制が整っている場合があります。しかし、屋外なので湿気などに影響を受ける資材の保管には注意が必要です。