自社倉庫もしくは貸倉庫の利用|貸倉庫の利用メリットについて知る

男の人

資材の保管について

笑顔の男の人

企業の中には、使用していない資材や事務機器、文書の山などが存在するかと思います。そういった物を保管するスペースに困っているのであれば、トランクルームやレンタル収納スペース、屋外コンテナを利用しましょう。

More...

人気の倉庫業者

スーツの婦人

日本国内で人気の倉庫業者として、ハローストレージと呼ばれる業者が存在します。ハローストレージでは、利用者の目的にあった収納スペースのトランクルームを数多く提供しているのです。

More...

自社倉庫と貸倉庫

倉庫

企業にとって倉庫というのは、重要な存在となっています。倉庫があることで、生産や販売を行う際の物流や保管を効率的なものにすること可能なのです。企業が利用する倉庫というのは、二つ存在します。その二つというのは、自社倉庫と貸倉庫です。自社倉庫は企業が保有する倉庫で、貸倉庫はレンタル倉庫業者と契約することで利用できる倉庫となっています。それら二つの倉庫は、それぞれに異なるメリット・デメリットを持っています。ここでは、そのメリット・デメリットについて知っていきましょう。
自社倉庫を利用した場合に得られるメリットというのは、長期使用時におけるトータルコストの削減です。初期投資以降の費用が安価であるため、長期使用することによって元を取ることができます。また、企業が保有する倉庫なので、建物使用の制限がありません。場合によっては、金融機関からの融資を必要とするときの不動産担保の取得に利用できます。なにより、自社倉庫を保有しているのは企業の格を示すことになり、信用力の向上に繋がります。自社倉庫のデメリットは、初期投資費用の大きさです。非常に大きな額を必要とするため、金融機関からの貸入が必要となるでしょう。また、自社倉庫は移転がしにくいといったデメリットも持っています。次に、貸倉庫についてです。貸倉庫は自社倉庫に比べ、初期投資費用が安価なものとなっています。何より、貸倉庫ですので移転が必要となった時に容易に移転することができます。しかし、定期的に利用料を支払う必要があるため、長期的に考えると自社倉庫よりもトータルコストが掛かってしまうことになります。また、レンタル倉庫業者が保有する倉庫なので、使用上の制限が存在するのもデメリットとなるでしょう。

ニーズに合った貸倉庫

作業員

滋賀県内で企業が貸倉庫を利用する際には、その貸倉庫は企業のニーズに合ったものでなければなりません。そういった貸倉庫を提供する倉庫業者を滋賀県内で探す際には、企業のニーズを明確化しておく必要があります。

More...